2019年《ABOUT SPIRAL》


ビデオインスタレーション / 192 / フルHDビデオ / 43インチモニター(展示風景撮影:松尾宇人)

撮影・編集:石川佳奈
ミックス・マスタリング:フクシマヂロウ

【ステイトメント / 解説】

ABOUT SPIRAL』は、上昇や目標とともに成り立つ生活への恐怖感やそれに伴って体調を崩した自身の出来事をきっかけに、青山の街の持つ速度感覚と、そこに建つスパイラルという空間について思考を重ねながら制作した作品です。

展示をしているスパイラルのエスプラナードという場所は、スパイラルを建築した槇文彦氏により「一人のためのパブリックスペース」を作る試みで椅子が置かれた空間です。いつも誰かが座っていて、「人は群の中で個を確認したくなる時がある」という槇氏の言葉が具現化された空間のように感じます。

バブル景気に入る直前の1985年、33年前に建てられたスパイラルですが、その名称はこの建築のファサードの上昇する動きに由来します。この展示空間もその一部にあり、更に上昇する動きの最後は避雷針で終わっているとのことです。
私は避雷針を「起こるかもしれない危険や怖いこと」を避けるものだと解釈しました。そこへ向かう途中の空間で、

「頑張りたいけど頑張れない時はどうしますか」
33年後の目標は」
「怖いことはありますか」

と、ある日の来館者への質問を通して社会生活と個人の間にあるものを聞くことを試み、この行為が加速の先に起こるかもしれない危険なことを密やかにでも避けることに繋がったらいいなと希望を持ちながら制作しました。

 

 

__________________________________________________________________________________________________________________________________________

【展示概要】

■SICF19 Winners Exhibition

毎年SICFと同時開催で、前年の受賞者による展示が行われます。今回はスパイラルガーデン(スパイラル1F) に10組の力作が揃いました。

会期  201951日(水・祝)ー56日(月・振替) 11:00-20:00  入場無料

会場 スパイラルガーデン(スパイラル1F

出展者
石川佳奈(グランプリ)
大平真梨(準グランプリ)
Mimoko Wakatsuki(準グランプリ)
村岡由梨(石田尚志賞)
内田聖良(金森香賞)
しかとまいこ(栗栖良依賞)
西川千尋(平田晃久賞)
Sacco(藪前知子賞)
小野愛(スパイラル奨励賞)
TETSUJIN – AUDIO VISUAL 〈高橋哲人、モシ村マイコ〉(オーディエンス賞)